使い分けられるガラス

工事現場

日本人は古いものを大切にする心はありますが、住まいに関してはそうした考えはなく、特に他人が使っていた家をマイホームにすることに抵抗感がある人が多いです。
昔からそうした考えが根強いため、古い家をリフォームして住むというのは、日本では最近やっと浸透してきた考え方です。
新築至上主義の日本の中でリフォーム工事が浸透してきたのはバブル弾けたあたりからです。
それまでは家は古くなったら取り壊していたのです。
しかし経済不況を境目にして、中古住宅を壊さずにリフォームするのが普及していくようになります。
同時にリフォーム詐欺などが横行し、悪質な業者が沢山誕生しましたが、今はそうした業者による被害も少なくなっています。

今は中古住宅が豊富に余っている状態です。
中古住宅を安く手に入れてリフォームをする人が増えています。
また、新築を建てる土地も限られているため、利便性のいい場所にある中古住宅をあえて購入する人もいます。
昔なら中古住宅は「新築を買いたくてもお金がない人」が購入するものでしたが、今はお金があってもあえて中古を購入している人もいます。
スケルトンリフォームも人気が出て来ています。
スケルトンリフォームとは家をいったん骨組みや土台だけにして、ほとんど一から建て直す大規模なリフォームです。
また、まったく違う住宅に変貌させるリノベーションも人気があります。
今後は自分達の個性や趣味にあった住宅へイメージチェンジするリフォームが人気が出て行くと思われます。